DHAとEPAには健康効果がいっぱい!

 

健康にとてもいい影響を与えることで注目を集めているオメガ3脂肪酸ですが、青魚に多く含まれるDHAとEPAが属しています。

 

実はDHAやEPA以外にもオメガ3脂肪酸である成分もあることをご存じでしょうか。DHAとEPA以外のオメガ3脂肪酸成分について見ていきましょう。

 

オイル

 

DHAとEPA以外のオメガ3脂肪酸とは

 

DHAとEPAは言わずもがな、オメガ3脂肪酸の代表的な成分です。実はDHAとEPA以外にも、オメガ3脂肪酸に属している成分があります。それは「αリノレン酸」です。

 

αリノレン酸も必須脂肪酸であり、体内で合成不可能な成分です。健康オイルとしても有名で、このような健康効果が挙げられます。

 

  • 血行促進、血流改善効果
  • アレルギー症状緩和効果
  • うつ病予防効果
  • アンチエイジング効果
  • 美肌効果
  • 高血圧予防効果

 

オメガ3脂肪酸はどのような食材に多く含まれているのか

 

オメガ3脂肪酸にはDHAやEPAの他に、αリノレン酸という成分が属しています。これらの成分は、含まれる食材に違いがあります。

 

DHAやEPA・・・アジやイワシ、アンコウやサバなど主に青魚に多く含まれる

αリノレン酸・・・亜麻仁油やエゴマ油、シソ油、菜種油、クルミ、アーモンドなどに多く含まれる

 

αリノレン酸はDHAやEPAと違い植物やナッツに含まれており、摂取後、体内でDHAやEPAに変化する性質を持っています。