DHAとEPAには健康効果がいっぱい!

 

オメガ3脂肪酸は健康にとてもいい影響を与える脂質としてとても注目されている成分です。そんなオメガ3脂肪酸のひとつであるDHAとEPAは似ているようで、違いもある別の成分なんです。この2つの成分の違いとはどのような部分にあるのでしょうか。

 

DHA&EPA

 

DHAとEPAに違いはあるのか

 

DHAとEPAはどちらも同じ不飽和脂肪酸でありオメガ3脂肪酸に属した成分です。最も多く含まれている食材といえばどちらも青魚で、似ている部分、共通点もたくさんあります。

 

どちらも体内合成不可能な必須脂肪酸であるため、食事によって摂取しなければなりません。ですが、この2つの成分にはその働き、そして効果に違いがあることが分かっています。

 

DHAの働きと効果

 

DHAは頭が良くなる成分として有名で、主に脳神経視神経などに働きかける栄養素です。子供の学習能力の発達や、アルツハイマー型認知症の予防や改善などに大きな効果を発揮します。また、リラックス効果もあると言われ、ストレス改善にも期待されています。

 

EPAの働きと効果

 

EPAは血流改善に特に特化した成分であると言われています。血液サラサラ効果に長けているため、動脈硬化予防やコレステロール、中性脂肪値の改善に効果を発揮します。また、アレルギー症状を抑制させる働きもあると言われています。

 

主な違いとは

 

DHAとEPAの違いを語るうえで、重要なキーワードがあります。それは「血液脳関門」です。

 

血液脳関門・・・脳の奥まで通過することができるか判断する関門のような場所であり、有害物質を通さないようにするフィルター機能の役割を果たしている

 

DHAとEPAのうち、血液脳関門を通過することができるのはDHAのみであり、EPAは通過できません。DHAが脳に効果的に働く成分であると言われているのはそのためです。

 

EPAが持っている働きはDHAにも備わっていますが、血液サラサラ効果やアレルギー改善効果はEPAの方が勝っています。逆に脳や視神経へのアプローチはDHAにしか備わっていない働きであり、EPAは持っていません。