DHAとEPAには健康効果がいっぱい!

花粉症

DHAと同じく、毎日の食生活において積極的な摂取が望ましいとされているEPA。その健康効果はとても高く、大注目の成分であることは間違いありません。ではそのEPAはどのような働きをしているのでしょうか。私達の体との関わりはどのようなものなのでしょうか。

 

 

血液サラサラ成分

 

EPAには血液をサラサラにする働きがあります。それはEPAの働きの特徴でもあると言えるでしょう。血栓をできにくくし、血液の流れをスムーズにするため、心筋梗塞などの重篤な病気への進行を防いでくれます。血小板凝集抑制効果の働きはDHAにもありますが、EPAの方がその効果が高いと言われています。

 

アレルギー抑制成分

 

EPAにはアレルギー症状を改善するという働きも持っています。喘息や花粉症、食物アレルギーなど、その症状にはさまざまありますが、EPAにはアレルギーの原因となる物質を抑制する働きがあると言われています。EPAは不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸であり、n-3系に属しています。n3系に属する成分には、アレルギー症状を緩和する効果があるとされ、その成分に注目が集まっています。

 

 

中性脂肪値を安定させる働き

 

EPAはコレステロール値、中性脂肪値共に影響を及ぼしますが、特に中性脂肪値の安定に大きく関係していると言われています。もともと血液サラサラ効果のあるEPAですが、血栓を予防し、動脈硬化を防ぐ働きを持っています。それにはその原因のひとつとされる中性脂肪を減少させ、体内での吸収を抑制、そして体外への排出をスムーズに行わせるという働きを持つEPAの存在が大きく関係しています。