DHAとEPAには健康効果がいっぱい!

 

オメガ3脂肪酸は、体にとてもいい影響を与える脂質として注目され、さまざまなメディアに取り上げられている成分です。DHAとEPAはオメガ3脂肪酸に属する成分ですが、そもそもオメガ3脂肪酸とはどのようなものなのでしょうか。

 

イワシ

 

オメガ3脂肪酸とは

 

オメガ3脂肪酸は、以前から大注目の脂肪酸で、健康維持に効果的な働きをしてくれる脂質です。このオメガ3脂肪酸とは、どのような成分なのかとても気になります。

 

そもそも脂肪酸は、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられます。不飽和脂肪酸が健康にいいと言われているのに対し、ラードやバターなどに含まれる不飽和脂肪酸は、摂りすぎると動脈硬化の原因となったり、中性脂肪やコレステロールを増加させると言われている脂質です。

 

飽和脂肪酸・・・常温で固まる

不飽和脂肪酸・・・低温でも固まらずサラサラ

 

このような特徴を持っている不飽和脂肪酸には、オメガ3オメガ6オメガ9と3種類の脂肪酸があり、なかでもオメガ3脂肪酸は飽和脂肪酸とは逆に、血液をサラサラにする効果やコレステロール、中性脂肪値を減少させる効果に長けた成分です。

 

この3種類のオメガ脂肪酸は、どれも体内合成不可能のため、食事によって積極的に摂取する必要があります。

 

どれくらい摂取するべき?

 

オメガ3脂肪酸は生活習慣病などを予防するのにとても効果的であるとして、積極的に摂取するよう勧められています。厚生労働省によると、1日約1000mgのオメガ3脂肪酸を摂取することが望ましいとのことです。

 

食品からの摂取がとても酸化しやすいというオメガ3脂肪酸の性質上あまり簡単なことではないため、サプリメントから摂取する人が多いようです。